シロアリやねずみ駆除|住まい守る活用ナビ

Agent pesticides

シロアリの被害

拡大傾向にある被害地域

Killing insects

日本国内におけるシロアリ被害は、全国各地で見かけることができるものの、特に沖縄や九州地方といった国内の南西の地域において、特に顕著に見られるものとなっていました。しかし近年、気温気候が変動しており、特に夏季において熱帯地方のような気温気候を示す地域が増加傾向にある中で、このシロアリ被害が発生する地域も、拡大傾向にあります。これまでシロアリ被害が見かけられなかった地域においても、今後被害が発生する可能性が強くあるのです。持ち家を立てて居住する際などには、十分注意しておくといいでしょう。

シロアリ被害が引き起こす物事

シロアリは自宅の木をダメにして、ひどい場合は倒壊の危険を引き起こします。シロアリが自宅の床下などに巣食う害虫であるためであり、その床下で家の土台となる木材などを浸食してしまう害虫となっています。家を支える土台を食い荒らされた状況が長く続けば続くほど、家の倒壊を招くリスクが高まっていくのです。またそこまでの状況にならなくても、床が腐って抜けてしまうなどといった現象を、頻繁に引き起こす害虫となっています。特に湿気が高い場所を好む傾向があるため、シロアリ被害によって、浴室近辺の床板や壁面などが腐り落ちてしまうといった現象は、割りと頻繁に発生する物となっているのです。床下をチェックする際などには、この湿気の高い場所を特に注視していくといいでしょう。

Copyright © 2015 シロアリやねずみ駆除|住まい守る活用ナビ All Rights Reserved.